※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴・執筆依頼は公式サイトをご覧ください。





3月4日(土)~3月10日(金)横浜シネマノヴェチェント、3作品一般公開!
各作品定員入替制、1作品1100円。
10日(金)19時「性鬼人間」の回は、
20時10分~監督・出演者によるトークショー&サイン会(特別料金)。
21~23時、懇親会(別途会費)。

●「性鬼人間」(「性鬼人間第一号 ~発情回路~」)
3/4(土)12時~
3/5(日)10時30分~
3/6(月)19時~
3/7(火)17時30分~
3/8(水)16時~
3/9(木)14時30分~
3/10(金)【特別興行】19時~

●「エロスノート」(「萌え盛るアイドル エクスタシーで犯れ!」)
3/4(土)10時30分~
3/5(日)13時30分~
3/6(月)16時~
3/7(火)19時~
3/8(水)17時30分~
3/9(木)16時~
3/10(金)17時30分~

●「分身」(「陶酔妻 白濁に濡れる柔肌」)
3/4(土)休映
3/5(日)12時~
3/6(月)17時30分~
3/7(火)16時~
3/8(水)14時30分~
3/9(木)17時30分~
3/10(金)16時~

ac9ab3_57016c3fd3ef4f9ca53cc609ad50e274~mv2



「来訪者X 痴女遊戯」2月24日~3月2日劇場公開
2月25日(土)15時より上野オークラ劇場で、舞台挨拶・サイン会・握手会・撮影会イベントがあります!

C4A6-D_UEAAFsJE.jpg

★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



ヒドゥンをやりたい、ヒドゥンをやりたい、ヒドゥンをやりたい、そしてもうひとつ……

今日は宣伝をお休みして……。

ワタクシの最も好きな映画の一つに「ヒドゥン」があります。
好きなだけでなく、脚本の教科書的存在であり、
いつかこれをネタにやりたいとずっと願っているのです。

先日、ある方々と会っていた時に、
「ヒドゥンの元ネタはウルトラマンだよ」と教えられました。
特撮に不勉強ゆえ、知らなかったことにショック。

その後、調べてみたら、ヒドゥンの元ネタは「20億の針」という小説だそうで。
ウィキペディアで作者ハル・クレメントの記述にこんな一文が。
   ↓
代表作である『20億の針』の、人間と共生する異星人というアイデアは、
数々のSF作品のなかに使われている。
たとえば、映画『ヒドゥン』や『ウルトラマン』や漫画『寄生獣』などである。


SF映画ならまだしも、SF文学までは分かりません。
それにしても、な~んだ、ウルトラマンもパクリでしたか。
安堵しました。

さらにびっくりする事実。
この「20億の針」は子供向けに翻案されて、
星からきた探偵」というのがあるのです。

これ! これ! これ!
ワタクシが小学校高学年の時に図書館で読んだ本!
めちゃくちゃ面白くて、ずっと忘れられなかった物語。
そういえば、ヒドゥンを見た時、これに似ているって思いましたから。
タイトルさえ忘れていましたが、まさか、こんなところで巡り合うとは……。

この「星からきた探偵」にインスパイアされて、20代の終わり頃、
実際にプロットを書いたことがあります。
学園を舞台に、主人公を女子にしたラブコメサスペンス。
ああ、今、急にやりたくなってきました!
もちろん、ヒドゥンを翻案したシリアスでハードなものもやりたいです。

以前はこういうジャンルは、ワタクシの仕事では無理だと思っていましたが、
最近は少しずつ、SF・ファンタジー・アクションもやれるようになってきましたから、
希望はあります。
エロス系なのか、インディーズなのか、
とにかくまた目標ができました!


チラシや名刺をかんたん注文 ラクスルのスマート注文フォーム


CqI2BBaUkAA5e7V.jpg ←当ブログ、上位にランクイン!

[ 2017/02/20 00:43 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

2月24日から3月2日は『来訪者X 痴女遊戯』を横浜光音座Ⅱで!3月4日から10日は『国沢実監督特集3本』を横浜シネマノヴェチェントでぜひ!




2月24日(金)から3月2日(木)は『来訪者X 痴女遊戯』が
横浜光音座Ⅱでも上映されます。

そして、3月4日(土)から10日(金)は『国沢実監督特集3本』が
横浜シネマノヴェチェントで上映されます。

日にちはわずかにずれますが、この2つの映画館、隣駅同士です。

 * * *

さて、シネマノヴェチェントで上映される『エロスノート』
元のタイトルは『萌え盛るアイドル エクスタシーで犯れ!

「デスノート」のパロディのはずが、想像を絶する展開となっております。
賛否両論の激しい作品でもありました。
でも、自分にとっては思い出深い、心に残る一本です。
普段の自分では出てこないようなパワーとイマジネーションが炸裂しました。

自作脚本の映像化で、これより完成度が高い作品、評判のいい作品はいっぱいあります。
個人的に好きで大切な作品は他にもあります。
だけど、もし一本自薦するなら、この作品です。
のれるのれない、好き嫌いが別れるとは思いますが、
そこそこの無難ではない、こういう作品を生み出せたことが奇跡でした。
そして悔いがなく、やりきった感のある至福の作品だったと思います。


【早い者勝ち!】 .com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


Clh2uC7UsAAP1n4.jpg ←当ブログ、上位にランクイン!

[ 2017/02/19 00:25 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

宣伝ばかりしていますが、執筆もやっています……

周りの人たちの投稿を見ていたら、遊山直奇監督の新作
メス猫 キャットピープルの誘惑」のことばかり。
川越ゆいさん、しじみさん、範田紗々さん……って、どれだけ豪華なんですか。
はきだめ造型さんだし。
(ちなみに、「来訪者X 痴女遊戯」でも4作続けて、はきだめ造型さんですよ!)

キャットピープルネタ、悔しいですね。
こうなったら、猫に対抗して犬で……いや、狼で!
狼男ならぬ狼娘ネタ、どなたかやりませんか!

以前、人狼ブームがちょっと流行った頃、
某メーカーに狼少女ネタを企画提案したんですけど、完全スルーでしたね。
ラブコメでしたから。
そもそも、狼人間の造型はどうするんだ……と思われますが、
そんなの犬耳としっぽだけで十分です。

変身人間モノ、やりたいですなあ。

 * * *

最近、宣伝や告知ばかりしていますが、粛々と執筆はしております。
現在、某Vシネを……ですが、なかなか他のことが入ってきて、思うように進まず。
自主の直し、プロットの直し、絶対に通らないメジャー企画アイデア3本、
そして無茶ぶり短編と書きまくり。

ようやくひと段落が着いたので、Vシネに集中。
楽しい内容になってしまっているんですけど、いいのでしょうか?
メーカーとは仕事をしたことがありますし、監督もお馴染みですが、
プロデューサーが新たに立ち上げた製作会社のホームページを発見してしまいました。

これの後、待ちに待ったあの企画がやっと動き出します。
自分がプロットを書いたのではないですが、すごくいいんです。
早くシナリオが書きたいです。
果たしてどうなりますか。


恋するセレクトショップ【LCラブコスメ】


C4wNb9YUEAAVJ8O.jpg ←当ブログ、上位にランクイン!

[ 2017/02/18 00:20 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
便所男←公式サイト

Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライターです。Vシネマなどを細々と執筆中。筆名は「高橋祐太」です。
公式サイトメールフォーム執筆依頼フェイスブックツイッター

公式ブログ最新記事
訪問数
月別アーカイブ