U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター高橋祐太です!腰とギャラの低さでは負けません!商業から自主まで有償・無償にて執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



ヒドゥンをやりたい、ヒドゥンをやりたい、ヒドゥンをやりたい、そしてもうひとつ……

今日は宣伝をお休みして……。

ワタクシの最も好きな映画の一つに「ヒドゥン」があります。
好きなだけでなく、脚本の教科書的存在であり、
いつかこれをネタにやりたいとずっと願っているのです。

先日、ある方々と会っていた時に、
「ヒドゥンの元ネタはウルトラマンだよ」と教えられました。
特撮に不勉強ゆえ、知らなかったことにショック。

その後、調べてみたら、ヒドゥンの元ネタは「20億の針」という小説だそうで。
ウィキペディアで作者ハル・クレメントの記述にこんな一文が。
   ↓
代表作である『20億の針』の、人間と共生する異星人というアイデアは、
数々のSF作品のなかに使われている。
たとえば、映画『ヒドゥン』や『ウルトラマン』や漫画『寄生獣』などである。


SF映画ならまだしも、SF文学までは分かりません。
それにしても、な~んだ、ウルトラマンもパクリでしたか。
安堵しました。

さらにびっくりする事実。
この「20億の針」は子供向けに翻案されて、
星からきた探偵」というのがあるのです。

これ! これ! これ!
ワタクシが小学校高学年の時に図書館で読んだ本!
めちゃくちゃ面白くて、ずっと忘れられなかった物語。
そういえば、ヒドゥンを見た時、これに似ているって思いましたから。
タイトルさえ忘れていましたが、まさか、こんなところで巡り合うとは……。

この「星からきた探偵」にインスパイアされて、20代の終わり頃、
実際にプロットを書いたことがあります。
学園を舞台に、主人公を女子にしたラブコメサスペンス。
ああ、今、急にやりたくなってきました!
もちろん、ヒドゥンを翻案したシリアスでハードなものもやりたいです。

以前はこういうジャンルは、ワタクシの仕事では無理だと思っていましたが、
最近は少しずつ、SF・ファンタジー・アクションもやれるようになってきましたから、
希望はあります。
エロス系なのか、インディーズなのか、
とにかくまた目標ができました!


チラシや名刺をかんたん注文 ラクスルのスマート注文フォーム


CqI2BBaUkAA5e7V.jpg
関連記事

[ 2017/02/20 00:43 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)






















Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
 名もなきシナリオライター高橋祐太です。
 2001年デビュー、映像化作品100本超。
 劇場映画・Vシネ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
 18時半~25時まで手元にスマホがありません。
公式サイト
メールフォーム
執筆依頼
フェイスブック
ツイッター
支援ページ

月別アーカイブ