※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



少し前ですが、電撃チャックさんに薦められて、「RAPE探偵 不倫の部屋」と「ホームジャック」を観ました

去年の暮れに、電撃チャックさんから「ぜひ見たほうがいい」と薦められたので、見てみました。
RAPE探偵 不倫の部屋
同時にレンタルしたのが、『ホームジャック

ちょうど越坂康史監督の新年会に、ある方のお誘いを受けて、
二つ返事で出席する機会が巡ってきて、その前にちゃんと見ておこうと思ったのです。
本当は『東京地下女子刑務所』シリーズ、『days』シリーズを見ておくべきでしたが、
たくさんありすぎて断念。

『RAPE探偵』はよ~く考えたらバカバカしい内容を超シリアスにやっていて最高。
何なんでしょう、この親近感あふれる感覚は。
『ホームジャック』は超低予算ならではの密室劇。
最近のR15作品は過激な描写が敬遠されがちなのに、攻めまくっています。

どちらの作品も、範田紗々さんと津田篤さんが出演しております。
新年会の時に津田さんから「当て書き」依頼をされましたが、
ワタクシ、常に津田さんのことを想っています。
どうしたら津田さんとお仕事できるだろうって、まじめに考えたことがあります。
というより、ワタクシが書く男主人公って、だいたい津田さんのイメージなんですよね。

そして範田紗々さんです。
今年の目標は「範田さんが出演する作品を書く!」にしました。
来年でもいいですけど……。


自由テキスト


index.jpg
関連記事

[ 2017/01/20 01:09 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
訪問数
月別アーカイブ