※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



撮影現場は自分には無理だと悟りました……

奥組の撮影、クランクアップしたのでしょうか?
皆様、本当にお疲れ様でした。
6日間の撮影の内、4日目と5日目に当たる水曜・木曜に
御殿場?足柄?の施設へ行ってきました。

皆さんの過酷な状況下での撮影を見ていて、とても心が痛みました。
不眠不休の上、極寒の環境。
傍目にも体調不良そうな人たちが続出。

自分はエキストラ……ということでしたが、何もすることなし。
皆さんが働いている中、ぼうっとしているのも申し訳なく、
ひたすら荷物運び。
でも、現場のことをまったく知らない、
なおかつ不器用のために、役立たず。
やはりコミュ障の自分には現場は不向きです。
慣れないことをしたために、足がボロボロ。

スタッフ・キャストの方々から、台本の指摘や質問をいろいろ受けました。
でも……ちゃんと答えられず。
なぜなら、もう中身のことをほとんど覚えていないのです。
しかも、何度も直したので、最終的にどれを採用したのかごっちゃになって。
打ち合わせのように台本を前にやりとりできれば平気なのですけれど。
それと現場ではやはり監督がすべてなので、自分があれこれ言うのも憚れます。
奥組はほとんど自分が書いたままなのですが、
他の組の場合、最終的には監督が手を入れ、
時にはまったく違うものになってしまうこともありますから。

肝心のエキストラはほんのちょこっとだけ遠くに後ろ姿。
カットされる可能性大。
というより、必要なかったのかも。
今回経験して、もう現場に行くのは控えようと思いました。
四日市の時のように、パソコンを持ち込んで執筆が可能なら、参加は考えますが。
というより、シナリオで男性エキストラが出てこないように書きます!

楽しくも反省点が多々あり、貴重な体験をさせていただきました。
これからは面白い作品を目指しつつも、現場が楽になるように書かねばと痛感。
最後に主演女優さんから言われたこと。
『大事なお尻なのに、どうしてあんなこと書いたんですか!』


自由テキスト


1481923017543.jpg

1481923056916.jpg

1481923099310.jpg
関連記事

[ 2016/12/17 08:11 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
訪問数
月別アーカイブ