※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



Jill Gevargizian's The Stylist at Tokyo Thunderbolt Film Festival

CoVr1awUMAA1k9k.jpg

東京電撃映画祭が東京国際電撃映画祭になった一夜でした。
謎のホラー紹介人・Hiro Fujiiさんによる、こちらの映画も上映されました。
(Hiro Fujiiさんご本人も名古屋から来日。)
ジル・ガヴァーギジアン監督の短編『THE STYLIST』が今週末の東京電撃映画祭でジャパンプレミア!7月30日 in 阿佐ヶ谷!

ジル監督といえば、1年前にも短編「Call Girl」が上映されたのに続き、2度目。
前回は字幕がなかったので、里見瑶子さんと電撃チャックさんが、
その場でいきなり翻訳台本を渡され、吹替えをやるという大胆な企画でしたが、
そのことがジル監督は相当に嬉しかったようです。
なので、また東京電撃映画祭で上映してほしいとの依頼が。
どうやらジル監督、この映画祭をメジャーなものだと勘違いしているらしく……。

今回の「The Stylist」は日本語字幕がちゃんとついています。
日本初上映。
7月のカナダのファンタジア国際映画祭でも上映されているではありませんか。
すごい!

前回の「Call Girl」が(いい意味で)一発オチだったのに対して、
今回は余韻があります。
ラスト、映像を見ただけではちょっと分かりにくかったのですが、
解説陣のやりとりを聞いて、深みを覚えました。
ぜひジル監督には長編を撮ってもらいたいですし、
商業作品で活躍してほしいです。

映像や美術、役者たち……インディーズのレベルの高さには感心させられます。
日本のようなチープさが微塵もありません。
う~ん、これに対抗できるのは、シナリオだけか?
こちらも負けてはいられません。

それにしても、「ヒャッホー!」にはたまげました。
ワタクシはあんなセリフは書けません。
そして、Hiro Fujiiさんにはこれからも海外作品の上映企画をしていただきたいです。

CogK6g5VYAAdbj3.jpg


株式会社ハイパーボックス
関連記事

[ 2016/08/01 08:29 ] 娯楽・芸能・文化 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
10位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ