※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



脚本家の謝罪(6月公開ピンク映画は謝罪しません)

少し前のこんなニュース記事。
映画「ドラゴンボール・エボリューション」の脚本家がファンに謝罪

ここまで潔く書かれると、同業者の端くれのワタクシでもせつなくなります。
お金に目がくらんでも、別に構わないと思います。

なんかね……勝手な想像が浮かんできます。

脚本家にオファーが来る。
原作を元にプロットを書く。
決定権のある会社のお偉いさんがあれこれアイデアを出してくる。
脚本家は原作とは違ってしまうものになると反論する。
お偉いさんは面白ければ違っても構わないと主張する。
脚本家はそのアイデアは面白くないと内心、思う。
でも、脚本家はその意見に従わなければ、クビになる。
だから、仕方なくお偉いさんの指示に従って、
めちゃくちゃなシナリオを書くことになる……。

まるで日本の超低予算企画のようです。
現実はそうなのです。
悲しい。

だけど、6月公開のピンク映画は違います!
謝罪も言い訳もありません!
もちろん欠点や反省点もありますが、やりきった感でいっぱいです。
建設的な意見のやりとりもでき、
こんな内容を認めてくださったことに感謝しているくらいです。

というわけで、6月17日から上野オークラで、
浅田結梨さん主演作をぜひ!
   ↓
CYrS6s0UEAAUwBn.jpg


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です
関連記事

[ 2016/05/23 04:45 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
6位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ