※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



萌える女医さんの診察を受けてきました(どうせならアイドルで萌えたい)

昨日、病院に行ってきました。
結果を先に言うと……何でもありませんでした!

4月下旬からこじらせたひどい風邪。
GWが終わる頃にはすっかり良くなりました。
しかしですね、軽い咳が続いたのです。
喋ろうとすると、喉が震えてコホンとしたり。

そして、咳をするたびに体に痛みが響くのでした。
まずは背中の一番右端、脇の近く。
そこが終わると、右胸の腕の付け根辺り。
最後は右の胸とお腹の中間の部位へ移行。

あと横になる時、起き上がる時、重い物を持ち上げる時、
腹筋に力を入れるとチクリと痛みが。
でも、日常生活では何も異常がないのです。
歩くのも、机に向かっているのも、痛みなんてないのです。
むしろ、激しいストレスの仕事から解放され、
睡眠もたっぷり取り、久々に体が軽やかなのです。

こんな状態が10日間ほど続いていました。
日曜、月曜辺りはどんどん症状が穏やかになっていたのですが、
火曜に違和感・痛みがぶり返したので、気になって病院に行くことにしました。
やはり肺かなと。
肺炎や結核……。
いや、もっと悪い結果かもと脳裏によぎりました。
手術や入院……。
というより、そんなお金ないし。
どうすればいいんだろう……。

ああ、あのオファー断らなきゃ。
パソコン内のエロ関連、全部削除しなきゃ……なんて。
この数日、暗い気分でした。

レントゲンを撮ってもらったら、肺はすごく綺麗で、何ともなし。
咳のせいで、筋肉痛らしいです。
薬も貰いませんでした。
実は昨日の時点で、咳をしても寝起きの時も、ほとんど痛みがなかったのでした。
今は咳もありません。

ちなみに、診察してもらったのは萌先生。(名前の一部が「萌」)
これで3度目くらいでしょうか。
30代の小柄なスポーツ女子っぽい方。
昨日は白衣を着ておらず、紺のトレーニングウェアみたいな格好で、
ますます体育大学にいそうな雰囲気でした。
ちっとも萌えません。

というわけで、萌えるならこちら。
「萌え盛るアイドル エクスタシーで犯れ!」6月公開です。
画像は主演の浅田結梨さん。

CiGBL9kVIAAvH2X.jpg


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です
関連記事

[ 2016/05/19 04:31 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
6位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ