U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター高橋祐太です!腰とギャラの低さでは負けません!商業から自主まで有償・無償にて執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



忍者映画祭コンペ作品

実を言うと、当初はこの映画祭に行きたくなかったのでした。
遠いから行くのが面倒臭い。
それに受賞は無理だと思っていたのです。
全コンペ作品を見て、
せめてベスト3に入れたらいいなあと微かに願う程度でした。

ノミネート作品の中では、短編アニメ「NIN-CITY」を見た瞬間に、
完成度の高さとイマジネーションあふれる描写に、これが来るなと思いました。

あと、ワタクシの個人的な嗜好で、
制服美少女たちが銃や刀を振り回す
「リベンジャーズ(仮)PILOT版」
これがもし90分の完成版だったら、間違いなく1番でしょう。
でも予算がなくて本編を作れず、7分の予告編のみ。

「フールジャパン 鉄ドン危機一発」は
笑いと興奮で鳥肌が立ちました。
くだらないシチュエーション、特撮やバトル、下ネタ満載。
ワタクシの目指しているものとそっくりでした。

自主映画の世界とは接点がない中、
唯一の商業作品「ボルトマン」
監督がワタクシの14年前のデビュー作のプロデューサーでした。
こんなところで再会するとは、狭い世界です。

 * * *

ところで、今頃こんなことを言うのですが、
「JVX」の正式なタイトルは「VS」と「対」、どっちなのでしょう?
JVXは大文字でいいんですよね?


急げ!新ドメインは早いもの勝ち!


7694-thumb-1000xauto-12532_201508261427202a2.jpg
関連記事

[ 2015/08/26 15:03 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)






















Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
 名もなきシナリオライター高橋祐太です。
 2001年デビュー、映像化作品100本超。
 劇場映画・Vシネ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
 18時半~25時まで手元にスマホがありません。
公式サイト
メールフォーム
執筆依頼
フェイスブック
ツイッター
支援ページ

月別アーカイブ