※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



【ご報告】ゲイポルノ専門館で痴漢に遭いました

昨日、人生で初めてゲイポルノを見ました。
専門の映画館で。
緊張しましたねえ。

映画館自体は外観も内部も普通の作りでした。
しかし、客席に座ると、ガラ空きなのに、
数名のおっさんたちが後方に立ったままなのです。
明らかにおかしい。
(後で確認したら、10名近くに増えていました。)
しかも、ワタクシは最後列に座ってしまったので、焦り。
暗黙のルールがあって、座ってはいけない場所だったのではと。

上映が始まると、おっさんたちが場内を徘徊。
そして、観客の隣に座ってくるのです。
そして、また離れて物色。
やってますねえ。

ワタクシの隣にも来ましたよ。
過去に一般映画館で2度痴漢に遭ったことがあるので、
ワタクシは余裕の構え。
というより、逆に面白くて待っていました。
おっさんがワタクシの手を撫でてきた瞬間、相手の耳元に、
「やめろよ」と言うと、さっさと逃げていきました。

ハッテン場なんですね。
映画館側も黙認しているのでしょうか。
でも、ゲイの人でも、純粋にゲイムービーを見たくて来ている人もいるでしょうから、
ああいう迷惑な行為はやめてほしいですね。
部外者がこういうことを言うのは、場違いなのかもしれませんが。


恋するセレクトショップ『エルシーラブコスメティック』


(画像はイメージです。)
tukamiaubiz-thumb-1000xauto-16284.jpg
関連記事

[ 2015/08/09 03:49 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
6位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ