※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



ゾンビもやりたい

ゾンビに対してはあまり思い入れはなくて、詳しくはないのですけれど。
元々、「バイオハザード」や「28日後...」のような走るゾンビのアクション系が好きでしたし。
そんなワタクシにも何度かゾンビの企画がやってきたことがありました。(どれも実現しなかったですが。)
そういうのをやっているうちにだんだん興味が湧いて、手がけたい気持ちが高まっていきました。

ただ、ゾンビって、ヴァンパイアと違い、ゾンビ側の気持ちが描けないと思っていました。
それが「コリン LOVE OF THE DEAD」を見て、
ああ、こういうやり方もあるのだなあと。
さらに、小説「生ける屍の死」を読んで、十分できるじゃないかと確信したのです。
これは殺された男がゾンビとして甦り、犯人捜しをするハードボイルドミステリーです。

 * * *

そしてついにワタクシが心の底から望んでいたような映画が公開されました。
ウォーム・ボディーズ
ゾンビの青年が人間の女の子に恋をした!

笑いと切なさの恋愛コメディ。
アクションもかなりしっかりしていて、サービス満点。
世界観は「ワールド・ウォー Z」とそっくりですが、
本作のほうが100倍面白いです。

恋に落ちる瞬間の曲がジョン・ウェイトってセンスが、素晴らしい。
そして希望に満ちた余韻がこの上ない気持ちにさせてくれます。
(フィクションでは)世界を救うのはワクチンではなく、愛なのです!

 * * *

ヴァンパイアでもゾンビでも、こういうラブコメをやりたい。
実はこれに似たジャンルで、今年ずっと企画を進行させているラブコメがあったのですが、
なかなかOKが出ず、ついに音沙汰なしの状態になってしまいました。
もったいないので、どうにかしたいです。




4 Stars Server★
関連記事

[ 2013/09/28 07:54 ] 娯楽・芸能・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
7位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ