※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



呪いで病院送りにした罪深き人間です

今日はこの場を借りて懺悔をしようと思います。
ワタクシはある方を「呪い」で病院送りにしてしまったのです。
仮にJさんとしておきましょう。

あれは今年の7月下旬。
某企画の原稿がいまだ終わらず、Jさんを待たせた状態。
その日はO組のメーカー打ち合わせの最終日で、
Jさんとも顔を合わせなければなりませんでした。
Jさんに合わせる顔がない。
Jさん、膝の炎症で1カ月以上も激痛と歩行困難な状況だったので、
いっそのこと、1週間くらい入院してくれないかなあと密かに願ったのです。
小学生が夏休みの宿題が終わらなくて、
2学期初日に学校が火事で全焼してくれないかなと期待するのと同じです。

すると、本当にJさんは入院してしまったのです。
しかも、手術して1カ月も。
これはもはや呪いです。
周囲の方々の話によると、肺炎で苦しんでいるという噂も。
ワタクシは本当に泣きそうになりました。
ワタクシの恐るべき力がこんなことを引き起こしてしまったのです。
見舞いに行こうにも、さらに悪化させるのではと、怖くて行けませんでした。

9月に特集上映があるというのに、このままでは追悼イベントになってしまう!
ワタクシの心はかき乱れました。
そして、ふと思ったのです。
Jさん最後の監督作品の脚本を書いたのはワタクシになるのでは?

その後、情報は途絶え、不安な日々が続きました。
そして先週、Jさんのお姿を見て、ワタクシは心の底から安堵したのでした。
もう、変なことは願いません。
深く反省しています。
だから、いつまでもお元気でいてください。


ピッタリの歯科医院が見つかる!インプラントがわかる!【インプラントネット】
関連記事

[ 2013/09/23 04:03 ] 脚本家日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
訪問数
月別アーカイブ