※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ

DG75Y8SU0AAyMqX.jpg

★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



世田谷歩き

先日、用事があって、東急世田谷線の始点から終点まで乗りました。
全路線を乗るのは約20年ぶり。
今でも電車が車の信号待ちをしているんですね。
三茶に行くのも約20年ぶり。
そこから往復25分近く歩いたんですけど。
そこでいつも思うのは、世田谷は陸の孤島だということ。

 * * *

さて、ワタクシがいつもお世話になっているVシネメーカー。
これが世田谷線の途中駅にあるのですよ。
駅から往復20分くらいのところにあるのですが。
あるいは田園都市線の最寄駅からだと、どれくらいだろう?
往復40分以上?

それでですね、数年前から時間が許す限り、
世田谷線の4駅分を歩くことにしているのです。
時間に間に合わない場合、後でバイトがある場合は電車に乗りますけど、
そうでなければ、行きも帰りも徒歩。
片道がなんと45~50分くらいもかかるんです!
炎天下の中でも、寒風吹き荒れる中でも、豪雨の中でも(傘がない場合は諦めますけど)。

もちろん健康のためです。
歩いて足腰を鍛えないと。
おかげで体力消耗、ふらふらぼろぼろになります。
でも、歩いていると気持ちいいのですよ。
世田谷線沿線の住宅街はのんびりしていて心地よい。
でも、3駅分は線路沿いで分かりやすいのですが、
会社までの最後の1駅分が駅とは別方向で、
このルートの近道がどうしても見つからないんです。
いろいろ試して、すごく大回りして迷子になったことも。
世田谷はやはり迷路でした。

先月から毎週打ち合わせがあって、
今のところ片道10回の機会のうち、7回歩いております。
それで半年ぶりに世田谷線に乗ったのですが、
運賃が一律140円なのに、間違えて150円払っていたことに気づきました。


格安航空券比較~「航空券ドットネット」
関連記事

[ 2013/07/21 00:17 ] 脚本家日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
7位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ