※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



キスの日

ワタクシには関係ありませんが、
昨日5月23日は「キスの日」だったそうです。
5月23日は「キスの日」! その由来は?

日本映画がきっかけだったのですね。
そして、こちらはキスにまつわるネタがいろいろ。
5月23日はキスの日!なぜ人はキスするの?意外な真実があった

キスの起源は諸説あります。
●その1:動物が自分で噛み砕いた食べ物を、
子や仲間に口移しであげる行為が進化したものとする説
●その2:人が人肉を食す“カニバリズム”という慣習が遺伝子に受け継がれ、
本能的に感情が高ぶると噛み付きたくなるという性質からキスが生まれたという説
●その3:「唾をつける」という言葉があるように、自分の所有物だということを主張するために、
口をつけたり舐めたりする行為が始まりとする説
●その4:人間がお互いを理解するために、相手の顔に自分の鼻をこすり付けて、
匂いを嗅ぐ挨拶が進化したとする説

 * * *

で、こんな記事。
「キスフレ」健康法が流行! 女がキスにハマる理由

なんかこじつけというか正当化しようとしている言い訳にも聞こえますが、
フリーの身なら、誰とキスをしようが構いませんよ。
ただし、夫や彼氏がいる場合は裏切り行為ですけど。

一方、こちらの記事はとても納得のいくものでした。
キスは免疫を高めるって知ってた?

キスすれば、互いの菌をだ液を通じて交換し合うに等しい。
つまり、キスは相手を感染させる行為なのだ。
何やら物騒に聞こえるだろうが、相手に菌を与える行為は決して悪いことばかりではない。
予防接種はまさにこの原理で、少量の菌を体内に入れることから始まる。
当然、少なからず具合が悪くなるのだが、それを乗り越える際に抗体が作られ、
次からは感染しにくくなるという仕組みだ。
キスはワクチン。愛は地球を救う。


これを砂場に例えているのが分かりやすいです。

幼稚園や学校に砂場があるのはなぜか?
自然との触れ合い、創造力など多くの要素があるだろうが、
菌を取り込み、免疫を高めるのには絶好の場と言えるだろう。
(中略)
免疫力の強化は、菌の侵入なしでは始まらない。
つまり、多少なりとも具合が悪くなる局面があってこそ、以降の防御能力につながる。
無菌栽培とは言い得て妙で、病気や感染症に過敏になるあまり菌に触れないよう育てると、
免疫力も育たない。


最近、風邪でも花粉症でもないのにマスクをしている人が大勢いますが、
喉をガードすることも、もしかしたらあまりよくないのかもしれません。


WEBサイトだって、グリーンが好き。
関連記事

[ 2013/05/24 01:12 ] U太のたわごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
7位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ