※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



『ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女』
8月25日(金)~31日(木)公開(上野オークラ劇場横浜光音座Ⅱ



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



コーマン

春にロードショーされたのを見逃して、
悔しくて仕方がなかったのですが、
新文芸坐でロジャー・コーマンのオールナイト4本立てをやっていたので、
先週土曜、強行で見に行きました。

コーマン帝国

ロジャー・コーマンとは半世紀以上に渡って、
監督作50本、プロデュース作400本以上を作った
B級映画の帝王と呼ばれた伝説的な人物。
低予算、早撮りで、多種多様なジャンル映画を作り、
ほぼ全作品で赤字を出さなかったらしいです。

「コーマン帝国」はそのコーマンに肉薄したドキュメンタリー。
いや、もう、面白いのなんのって。
コーマンって奇人変人のような人かと思ったら、
物静かな大学教授タイプ。
儲け主義一辺倒かと思いきや、
意外にも反骨精神あふれる作家性や
時代の先を読む力もあったり。
まあ、基本はエロとバイオレンス。
実に正しいです。

インタビューに登場する弟子たちの面々がすごい。
マーティン・スコセッシ
ロン・ハワード
ジョナサン・デミ
ピーター・ボグダノビッチ
ジョン・セイルズ
ジョー・ダンテ
そして、若き日にずっと組んでいたジャック・ニコルソンが熱く語る!

 * * *

これを見ていたら、今の日本のVシネ界も
コーマンのようなやり方をもっと取り入れるべきだと思いました。

「コーマン帝国」は去年の東京国際映画祭で上映されましたが、
今年はコーマンが審査委員長らしいですね。
御年86歳。


GMOとくとくBB「月額556円~のフレッツ光」
関連記事

[ 2012/09/14 00:51 ] 娯楽・芸能・文化 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
萌え
7位
アクセスランキングを見る>>
訪問数
月別アーカイブ