U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター高橋祐太です!腰とギャラの低さでは負けません!商業から自主まで有償・無償にて執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



エキストラから帰ってきました

今朝6時に起きて、
無関係のVシネのエキストラに行ってきました。
そして昼前に終了。
何やってんだか。
いや、今一番イケてるイケイケなイケメンプロデューサーに、
『おっさんず・ぶるーす』のチラシを渡すためです。
現場には見知った顔が何人も。

こうやってエキストラに行くようになると、
いろいろお誘いが来そうですが、
まず夕方までに完全に終わること。
締め切り仕事があったら参加できない。
そしてギャラが出ること……が条件です。

シナリオはタダでもいいけど、エキストラはタダではやりません。
逆のような気もしますが、
好きなことはタダでもいいけど、嫌いなことはタダではやりません。


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?


KIMG0884.jpg

[ 2019/12/21 14:00 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

某協会を退会しました

某協会を退会しました。
年会費2万円を払うのが苦しくて。
31歳の時に入会しましたが、まさかこんな日が来るとは。

ここの会員になると特典として、
主要映画館がフリーパスになるのです。
30代の頃は毎年、200本以上見ていました。
でも、この5年以上、まったく利用していなかったので。

あと何を節約すればいいのだろう……。


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です


CCC9V9A9995_TP_V_20191220020410809.jpg

[ 2019/12/20 02:25 ] U太のたわごと | TB(-) | CM(-)

絶望と希望と(今年のまとめ)

いつもはもっとぎりぎりに載せていますが、今年は早めに一年のまとめ。

ワタクシの人生は輝かしい大成功もない代わりに、
つらく大きな不幸もない、地味で平穏そのもの。
ほんのちょっといいことと、ほんのちょっと悪いことが均等に起こり、
ちょうど釣り合いが取れるような塩梅です。

今年の本業は去年に引き続き、
そのいいことと悪いことの差がかなり大きかったです。
特に脚本家人生最大の苦しい出来事があって。
原因は自分であるだけに言い訳になってしまうのですが、
とにかく精神的に追いつめられ、一生心に残る傷となりました。
その後、別のリハビリ的なことがあったから、
どうにか前へ向かうことができましたけれど。

そんな絶望の中でも、拾ってくれる人たちがいました。
そういう方々のおかげで、続けていくことができました。

悪いことばかりの印象しかなかったのですが、
『変態おやじ ラブ・ミー!イッてんだぁ~』でピンク大賞の優秀作品賞を受賞できたし、
念願の『僕と彼女のシナリオデイズ』が映像化され、
1年の大半をこの作品に支えられました。

来年もどうなるか分かりません。
いい話がダメになるかもしれないです。
でも、めげずにコツコツとやっていこうと思います。
まだまだ、くたばりません。
なるべく悪いことが起こらないよう願うばかりです。
あと、執筆の依頼が来るといいな。

それではよいお年を!(←まだ早い)


SSLサーバ証明書なら、低価格・24時間サポートのドメインキーパー!


012MIZUHO171010_TP_V.jpg

[ 2019/12/19 02:24 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

宣伝協力するくらいの今年最後の休み

宣伝協力です。

クラウドファンディング中の映画『おっさんず・ぶるーす』
公式サイト
公式ツイッター
クラウドファンディングサイト

現時点で110万円を超えました。
残り28日間で、あと190万円。
またチラシを配らせていただきますので、
どうか受け取るだけでいいですから、お願いします。

宣伝協力でした。

 * * *

さて、昨日は丸一日、家にいました。
もしかしたら一日中家にいられるのは、今年最後かも。
先月も今月もあちこち出かけて、疲労困憊。
しょっちゅう出かけられるのは用事が昼間だからです。
夕方から夜がNGなので。

忘年会も行きたいものがいろいろあるのに、みんな夜ばかり。
年末なら昼でもいいじゃないですか。
映画関係者なら昼でも大丈夫のような気がするのですが。
いつか行きたいと毎年思っている忘年会、やっと予定が出たけれども、
もはや年末売り出し中シフトの変更がきかず、今年も日程が合わず。
あ、午後からやっているなら顔を出そうかなと思ったのですけれど、
その日、別の忘年会にバイト前の夕方、ちょこっと顔を出さなくては。

というより、締め切りがあったら、出かける余裕なんてないんですが。
今年の本業は、とっくに仕事納めですかね。
昨日は寝て、DVDを見て、過去のプロットを引っ張り出して、寝て、またDVDの続きを見て……。
これからまた寝ます。


激安印刷通販ならラクスル


relaxmorigirl_TP_V.jpg

[ 2019/12/18 02:31 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

マトモな感動ストーリーもやりたい

この前のアイドル映画祭とB DASHマイナス上映会は
自主映画(一部例外)ながら、対照的なイベントでした。
コンペと非コンペというのもありますが。

B DASHマイナス上映会は知り合い同士の持ち寄りで、
共通のスタッフ・キャストがかぶり、仲間内でワイワイ楽しむ感じ。
アイドル映画祭は自分たちの作品以外は、
まったく見ず知らずの人や作品と出会う場。
なんとなく緊張感が漂いました。

B DASHマイナス上映会はまじめに作った作品よりも、
暴走気味やゆるくバカらしい作品が大ウケ。
一方、アイドル映画祭は正統派の作品が支持されたように思います。
審査員の好みで一押しが分かれても、
個々の作品に点数をつけて平均化すると、
とんがった作品よりも感動系が上位に来るような。
観客の得点を加算するグランプリと2位だったらしい作品だけでなく、
審査員のみで判断した監督賞やその他の賞にも、その傾向はありました。
相手が実は死んでいた、大切な人が病に倒れる……そういう作品が支持されたのです。

そっか……じゃあ、ワタクシも感動ドラマをやろうかな、いや、やりたいです。
ワタクシはトンデモ系の脚本ばかり書いているように思われますが、
実は内容や展開はオーソドックスで、
笑って笑って最後はいい話だったり、
くだらないと思わせて最後はマジになったりする話が多いんです。

SFやファンタジー、アクションもなく、
エロも殺しも鬼畜もない話。
ああっ、映像化されていないプロットがありましたよ!
まさにアイドル映画祭でウケそうな感動モノが!
しかも、去年書いたのに忘れていました。
ただ、これを映像化しようとすると、お金がかかるんですよねえ。
通常、商業作品なら3日200万前後で撮れる作品を考えるのですが、
この作品、それを超えてしまいます。
自主でも難しいですかね。

あ、他にもいくつかあったような……。
何でもやりたいタイプ、同じことを続けてやりたくないタイプなので、
そろそろ日常生活の人間ドラマもやりたいですね。
もちろん、トンデモ系も引き続きやります!


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です


ishinageback412_TP_V.jpg

[ 2019/12/17 07:43 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

まだまだやりたい話はある!

いろんな人から訊かれること。
「どういう話・ジャンルをやりたい脚本家なのか?」

節操がないと言いますか、曖昧でつかみどころがないと言いますか、
エンターテインメントなら、何でもやりたいんです!
まさにファミレスみたいな感じで。

ベタなコメディ
カッコいいアクション
せつない恋愛ドラマ
心温まる家族劇
荒唐無稽なSF
鬼畜な犯罪モノ
熱いバトル
クールなノワール
変身ファンタジー
不条理ホラー
……日常も非日常も、にぎやかなのも静かなのも。

基本的に執筆に至る経緯は、次の2つのパターン。
①監督やプロデューサー側が考えた話で進める。
②監督やプロデューサーから、ある企画で何かアイデアはないかと言われて考える。

どちらにしろ、ワタクシは乗っかって楽しんでしまう、面白がってしまいます。
そして、いくつもアイデアが浮かんできて。
こだわりみたいなものがないから、相手側の意見にも柔軟です。

そんな感じで普段はやっていますが、
『僕と彼女のシナリオデイズ』は例外的に、
過去に書いてすでに存在した物語を提案して、実現したのでした。
自分がどうしてもやりたかったネタが日の目を見たことで、心から満足しています。

しかし、まだまだ自分がやりたい話がいくつもあるんです。
昔書いて、もうプロットなどができていて。
作るにはお金もかかりますから、これらがこの世に生み出されるか分かりません。
むしろ、実現の可能性はほとんどないと思います。
それでも夢も創作意欲も衰えません。

そういう希望を少しだけ抱えながら、
今は新たな案件が来て、相手側の面白い企画に触れ、
未知の世界を作り出せたらと思います。

……えーっと、何が言いたかったのかよく分からないけれど、
とにかく書きたいので、来年も依頼が来ますように!
(全部、頭痛でフラフラのせい……。)


【早い者勝ち】 あなたのお名前、残ってる?


bocchihimawari1_TP_V.jpg

[ 2019/12/16 11:53 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

おっさんの旅……上野→池袋→新宿→野方

79327009_2752308938167082_3478727517517381632_o.jpg

昨日土曜。
まずは10時半に上野オークラへ。
おっさんず・ぶるーす』のチラシを置かせていただこうとお願いに。
検討してくださるそうで、多ければ多いほどいいとおっしゃられたので、結構の枚数をお渡ししました。
もちろんただで置かせていただくのは申し訳ないので、入場券を買って映画も鑑賞。
だったら見たかった『悩殺業務命令 いやらしシェアハウス』の上映に合わせたのでした。
いつもの緩さから切なさへと展開するワタクシの大好きなSFラブコメ。

その後、13時から池袋のB DASHマイナス上映会へ。
初めて見ましたが、映画とは何かを問う衝撃のイベントでした。
ラインナップもそうですが、一番驚いたのは、
上映中にお客さんたちがツッコミを入れていくんです。
イベント後にその会場で打ち上げがあったそうですが、ワタクシは断念。
すごく楽しそうだったのに。

上映会が予定より1時間も押してしまい、
次は新宿の『おっさんず・ぶるーす』の懇親会に遅刻して18時半に到着。
フロアを歩けないほどのものすごい人数と熱気。
知っている人があまりおらず……でも、その後、いろんな方と知り合えたり、再会もありました。
近々いろんな発表があるみたいです。
結局、楽しすぎて三次会までいました。

その後、0時を過ぎて新宿を去り、中野区野方のBar Gurentaiへ。
朝4時半まで熱い話をお聞きしました。

いや、丸一日、どこもかしこもおっさんたちが熱い!
皆さん、元気すぎ。
ワタクシはへとへとで帰宅するなり寝込み、さっきまで死んだよう爆睡していました……。

ELuhGa5UYAA_KFp.jpg

ELt0UdWUUAE1svs.jpg

79110489_2752768271454482_5260818149955076096_o.jpg



SSLサーバ証明書なら、低価格・24時間サポートのドメインキーパー!

[ 2019/12/15 15:31 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

来年、頑張ります……

この前、2つの組のピンクの現場にエキストラで行って、
ああ、ピンク書きたいなあとふつふつと湧いてきて。
一方、SNSで他の人のVシネの撮影やリリースを目にすると、
これまた書きたいと強く思って。
そして、アイドル映画祭に参加して、
改めて自主もやりたいという意欲が。
基本的に商業も自主も変わりはないんです。
相手の意向に沿って書いていくので。

そんなにやりたいなら、動くなり書くなりしなければ。
数か月前、俳優Aさんと会って、
「最近、高橋祐太の存在が薄いんじゃないか」と言われて。
先月、俳優Bさんに、
「以前の高橋さん、いっぱい仕事を抱えて忙しそうだったのに」
と憐れんだ視線を向けられました。
来年、頑張ります……。


激安名刺印刷ならラクスル|100枚500円~


yuka458A4735_TP_V.jpg

[ 2019/12/14 02:40 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

2020年3月DVDリリース『冷たい女 闇に響くよがり声』



2020年3月にDVDがリリースされます。
『冷たい女 闇に響くよがり声』(2018)
セル
レンタル

来年DVDがリリースされるピンクはこれ1本だけですね。
もっと書きたいです……。

Still1112_00066-2.jpg

Still1112_00046-2.jpg

Still1112_00042-2.jpg


世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

[ 2019/12/13 01:39 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

巨大ヒロイン ハイパーマミー

pac_s.jpg

アイドル関連の投稿ばかりしてきましたが、いきなり艶系作品の紹介。
脚本を書いたGIGA作品『巨大ヒロイン(R) ハイパーマミー』
DVDリリースは12月27日ですが、すでに配信は始まっているようです。

内容は大きく変わっているかもしれませんが、
あらすじを見ると、ワタクシの付けた悪役たちのネーミング
「スペルメン星人」「ドリラー」「アスマラカリス」が使われております。
ヒロインの名前も仮でワタクシが付けた「ハイパーマミー」がまさかそのまま起用されるとは!

その後、ワタクシの脚本ではありませんが、
スピンオフや続編も撮影されたそうで、シリーズ化じゃありませんか。

完全にアダルトなので、興味のある方だけ、GIGAさんのサイトに行ってみてください。
GIGA作品はこれで2本目なので、また書けるといいです。

105cbf72.jpg

009_l.jpg


株式会社ハイパーボックス

[ 2019/12/12 07:37 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)






















Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
 名もなきシナリオライター高橋祐太です。
 2001年デビュー、映像化作品100本超。
 劇場映画・Vシネ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
 18時半~25時まで手元にスマホがありません。
公式サイト
メールフォーム
執筆依頼
フェイスブック
ツイッター
支援ページ

月別アーカイブ