U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター高橋祐太です!腰とギャラの低さでは負けません!商業から自主まで有償・無償にて執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



日本版ブラックリスト

こんな記事。
製作前の脚本を投稿&閲覧! 日本版ブラックリスト「Green-light」4月スタート

脚本家側が掲載するために月額で会費を払うのですか。
映像化されるか分からないものに自腹を切るのはつらい……。


株式会社ハイパーボックス


IMARIC20160805210023_TP_V_20200123020647fe8.jpg

[ 2020/01/23 02:22 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

昨日は飲み打ち

昨日は打ち合わせでした。
居酒屋で。
飲んじゃいました。
オレンジサワーとライムサワーと青リンゴサワーとカルピスサワー。

場所は東十条駅。
いつもは十条駅から歩いていたのですが、
初めて南北線の王子神谷駅から歩いてみました。
メトロだけで完結するので。

東十条といえば、関係者の皆さんはお分かりですね。
今回は例の短編、始動です。
面白すぎる作品になりますよー。

さてと、その前に先々週の飲み打ちの案件。
某プロットを一気に仕上げます。

(王子神谷駅周辺は整然とした高層団地の街。)
KIMG0986.jpg


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です

[ 2020/01/22 07:18 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

ピンク映画の試写に行き、ピンク映画を見ないで帰ってきました……(泣)

KIMG0970.jpg

ワタクシのホンではないのですが、
招待されて、昨日、ピンクの初号試写に行ってきま……大失態。
余裕十分で出かけたのに、まさかの遅刻で間に合わず。
途中、ドンキでおにぎり買って、
食べながらのんきに歩いていたからでしょうか。

京王線柴崎駅に着いた時にはやばいと。
早歩きし、品川通りからは走りましたよ。
体ボロボロなのに老骨にムチ打って。
ラボテックの正門に着いた時、3分オーバー。
ここから試写室までは2分。
気力体力が尽き、あきらめました。
途中から入るのは失礼だし、
休憩室で終わるまで待とうかと思いましたが、
バイトがあって打ち上げにも参加できないので、
中に入らず、謝罪のメールだけ送って引き返しました。

廃人のように放心状態で柴崎駅に戻り、
一応、記念に寂れた柴崎駅でも撮っておこうかと。
監督の着信履歴あり。
でも、もう上映は始まっているから折り返しませんでした。

走ったせいで足がしびれ、帰宅して1時間仮眠。
バイト帰宅後、メールがあり、
試写は出演者の到着が遅れ、10分遅れてスタートしたとのこと。

……。

ワタクシは一体何をしに行ったのでしょう。
ただただ虚しい限りです。
まさにワタクシの人生そのもの。
何か大切なものを失ったような気がします。

先週土曜も上映に行けず落ち込んだのに、さらに追い打ちです。
単にワタクシがバカなだけですが。
バカなだけですが。
バカ。
年末年始のピンクのイベントにも行けず、ますます遠ざかるばかり。

もう寝る。
ふて寝する。

KIMG0978.jpg


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

[ 2020/01/21 02:13 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

深夜24時、あきらめなかった!

また何やってんだか作業をしていました。
ネットで見かけた募集案件。
しめきりが(ついさっきの)昨日24時まで。
おととい、メモ書きでぼんやりと流れを作り、
昨日の午前中から書き始めて、
どうにかギリ3分前に原稿送信。
や、やればできる……。
イベントに行くのを休んだのだから、
こっちもできなかったら悔しいじゃないですか。

知り合いのイベントは大切なのに、
ネットの見ず知らずのものをダメもとでも頑張って書いてしまうワタクシ。
祈ると同時に、今日からまた心を入れ替えて取り組んでいきます。
皆さん、見捨てないでください……。


激安印刷通販ならラクスル


YUKA160322010I9A4289_TP_V.jpg

[ 2020/01/19 00:36 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

昼12時、あきらめる……

落ち込みました……。
とあるイベント上映会に行こうと思って楽しみにしていたのです。
朝起きて、シャワー浴びて、髭剃って、着替えて、荷物も準備して。

でも、どうしてもその日中に原稿を完成させないといけない。
途中3時間くらい抜ければ大丈夫と思っていたのですが、
昼12時、このままだと終わらないと気づき、断念。
本当にがっくり。
せっかくの機会が……(泣)。


激安印刷通販ならラクスル


bocchigass015_TP_V.jpg

[ 2020/01/18 23:59 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

目標額達成!映画を作れます!ありがとうございます!『#おっさんず・ぶるーす』


映画『おっさんず・ぶるーす』クラウドファンディング
受付が終了し、323万9千円が集まりました!
奇跡です!
支援していただいた方、宣伝してくれた方、
本当に本当にありがとうございます!

なんか達成して満足感いっぱいなのですが、
これから作るんですよね。
頑張ります!
おっさんの映画、楽しみにしていてください!
世の中、こんなにおじさん好きがいたなんて……。

こんなツイートを発見。
   ↓


高橋祐太・脚本家ページ(仮)公式サイト


02b02f60-f8f3-4577-84f7-71b4e1080528_20200116092300f37.png

[ 2020/01/16 09:37 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

先週、打ち合わせとか新年会とか(画像はイメージです)

先週、同じ日に打ち合わせと新年会がありまして。
執筆しなければならず、だったら外出先で……と思い、
昼前にノートPCを持って出かけました。

都心の某デパート。
20代、30代の頃は、ここのふかふかソファでよく休んでいました。
今はそういうのなくなってしまいましたねえ。
木製の硬い椅子ばかり。
ところが、隠れた場所にふかふか発見。
これはいいスポットを見つけました。

夕方から初めての監督と打ち合わせ。
何年も前に現場で知り合ってはいるのですが。
で、ワタクシが採用されるか、企画が実現するかは不明。
それでも頑張ります!
その打ち合わせが居酒屋だったんです。
調子に乗って、ワタクシもチューハイ2杯飲んでしまいました。
ワタクシ、打ち合わせでは飲まないことにしているのに。

その後、GOD FILMSの新年会へ遅れて到着。
ついに来てしまいました。
今まで怖くて、このメンバーの集まりに参加できなかったんです。
行ったら……目の前に地獄四兄弟……。
こっちでは一切、アルコールは飲みませんでした。
逆のような気がしますが。

新しい出会いがあり、ありがたいお話もあり……。
やはり出かけて、人と会うことの大切さを改めて思いました。



高橋祐太・脚本家ページ(仮)公式サイト


ookawa12249V9A2967_TP_V.jpg

[ 2020/01/15 23:59 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

#二十歳の自分に言っても信じないこと

今から28年前の成人の日。
ワタクシは友人と一緒に下北沢で芝居を見ていました。
だから、成人式には行っておりません。

当時のワタクシは大学で脚本を勉強し、
同時に脚本教室にも通い、
サークルでは唯一の自主映画の監督もしました。

あの頃の自分に言いたいこと。
幸運にも脚本家をやっているよ!

ちょうど今、2年の授業で、
空から女の子が落ちてきて、
非モテ男子が匿い、騒動を起こす脚本を提出したよな?
28年後も似たような話をいっぱい書けてるぞ!

監督した自主映画、
刑事と裏社会の男の友情と対決を描いた話だよな?
28年後もノワールやアクションをやれているぞ!

28年経ってもカノジョいないぞ!
生活は今より苦しいぞ!
体調も悪いぞ!
今、スーパーでバイトやってるよな?
28年後もスーパーでバイトしてるぞ!

そしてな……エッチな話ばかり書いてて楽しいぞ!


高橋祐太・脚本家ページ(仮)公式サイト


JK92_hohohiji20150222103753_TP_V.jpg

[ 2020/01/14 23:59 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

怪獣とか宇宙人とかモンスター

上原正三さんが亡くなられたニュースがあった日。
ワタクシはチブル星人っぽい怪獣が出てくる話を書いていました。
亡くなられたという日は別の宇宙人の話を書いていました。

そういえばかつて、「怪獣使いと少年」をヒントにしたプロットを書いたことがありましたっけ。
企画、通りませんでしたけど。
宇宙人じゃないんです。
空から来るのと真逆に、地下からやってくるモンスターにしたのです。

あのモンスター、ずっとやりたいネタで、
自主でもできる話ですから、誰かやりたい人いないかなあ……。


高橋祐太・脚本家ページ(仮)公式サイト


YUKA160113194303_TP_V_20200116080249db3.jpg

[ 2020/01/13 23:59 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

業界の足を引っ張る人間……

去年、目上の脚本家の方から言われたこと。
ワタクシがローギャラ、ノーギャラで請け負っていることに対し、
「あなたのやっていることは、我々、脚本業界の人間の足を引っ張っている」

はい……まさにその通りだと思います。
100%、その方の意見が正しいです。

でも、そうでもしないと、無名のワタクシには書かせていただく機会がないのです。
超低予算作品の世界では製作本数が減少。
製作費も減ったため、脚本家を雇えない業界。
脚本家が有り余っているのです。
それでも書きたい人間はボランティアの覚悟でやるしかありません。
むしろ、お金を出してまで書くようになっている現状です。
好きじゃなきゃできません。

これでプロと呼べるのかというと、もうそうではないのかもしれませんね。
だけど、脚本家でいたいのです。

これが脚本家の現実です。
脚本家志望の方は、間違ってもこんな道に進まず、
別の職業を目指してください。

……というわけで、超特価の脚本執筆、千円キャンペーン実施中!
今すぐの案件はないけれど、いずれ書いてもらおうかな……とお思いの方は、
今のうちにお申し込みだけでも!


株式会社ハイパーボックス


tsuchimoto0I9A6507_TP_V.jpg

[ 2020/01/09 06:18 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)




















Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
 名もなきシナリオライター高橋祐太です。
 2001年デビュー、映像化作品100本超。
 劇場映画・Vシネ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
 18時半~25時まで手元にスマホがありません。
公式サイト
メールフォーム
執筆依頼
フェイスブック
ツイッター
支援ページ

月別アーカイブ