※当ブログは(残念ながら)アダルトサイトではありません

U太@脚本家の日々(裏)

日本で一番モテないシナリオライター!腰とギャラの低さでは負けません!メジャーからマイナーまで執筆承ります!
ワタクシ高橋祐太の脚本情報・プロフィール・作品歴は公式サイトをご覧ください。【執筆依頼



★管理人U太は白くまトラフィックエクスチェンジで収入を得ています。自動的に稼働させているだけで、ひたすらポイント(=現金)ゲット!



印刷できずに……

今年になってから、
打ち合わせ等にノートパソコンを持参するようになったので、
プリントアウトするのをやめました。
1回、確定申告の時だけ。

昨日、ある書類を印刷しなければならなかったのに、
何度やっても、印字がかすれて。
インクは古くありません。
去年もずっとそうだったことを思い出しました。
原稿が部分的にちゃんと印刷できなくて。
カートリッジをクリーニングしてもダメ。
自分で読めない分は構わないのですが、
相手にそれはまずいので。
さあ、どうしよう。

仕方がないので、USBメモリを持って、
初めてコンビニでプリントアウトしました。
簡単、速い、綺麗。
自分で印刷する場合も、1枚だいたい10円くらいなので、
値段は変わりません。
これまでインク代が高かったんです。

今後、基本的にはプリントアウトすることはないけれど、
いざとなったら、コンビニ利用のほうが楽だと思いました。
でも、自宅にある新品のインク、使わないままになりますね……。


急げ!新ドメインは早いもの勝ち!


GREEN_YA20140125_TP_V.jpg

[ 2018/06/21 01:28 ] U太のたわごと | TB(-) | CM(-)

男優

会話やネットでなるべく気をつけるようにしていること。
(でも、もしかしたら、つい言ってしまったり、書いてしまったりしているかも。)

それは男性の役者に対して、「男優」と呼んではいけない……
と、昔、業界関係者に注意されました。
「俳優」なんです。
「男優」だと、アダルトと思われてしまうので。
使っていいのは、「男優賞」の時だけです。


セキュアなレンサバできました!


TS0529000_TP_V.jpg

[ 2018/06/20 00:37 ] 娯楽・芸能・文化 | TB(-) | CM(-)

コップ半分の水

超低予算商業作品をやっているワタクシの業界には、
一応、目安となるギャラの値段があります。
10数年前から変わっていないと思われます。
これが高いのか、安いのか。

世間一般から見たら、驚くほど安いと思います。
でもそれは製作費の事情を知らないから。
しかも年々、その製作費が下がってきているのです。
製作費が下がると、ギャラが下がる時もあれば、
ギャラがそのままの時もあります。
まれに普段より多めの製作費でも、ギャラがそのままの時もあります。

目安となる値段よりも、ちょっと多くもらう時もあります。
提示された額よりも、自分から下げる申し出をすることもあります。
また、最初から半額くらい(4~6割)の額を言われて、了承してやる時もあります。
もう今となっては、ケースバイケースですね。

一方、インディーズの世界から見たら、
この目安となる値段は高いと思う人が多いと思います。
何しろ、製作費が5分の1、10分の1だったりしますから。
その分、ギャラも一ケタ違ったりします。
それでも貰えるのでしたら、ありがたいです。

高いのか、安いのか。
ひとつだけ言えるのは、その額では生活できないということです。


総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です


PAK15_saikindeaiganaina-_TP_V.jpg

[ 2018/06/19 07:13 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

ブログ記事を代筆した過去

今から8年くらい前でしょうか。
お世話になっていた芸能プロダクションから依頼されて、
某ベテラン芸能人のブログ代筆をしていました。

その芸能人、かつてはブレイクしましたが、
その後は(今も)細々と活動。
売れてはいないけど、有名。
中高年なら、みんな知っている名前です。

その芸能人は仕事や日々の出来事のブログを持っていました。
(それも付き人か弟子が代筆していたと思われます。)
ワタクシが依頼されたのは新たなブログで、その人の下積み時代のこと。
プロダクションの社長は、ゆくゆくは出版を目論んでいるようでした。

一度だけ、ご本人に会ってお話を窺いましたが、
それだけじゃ、全然ネタにならないんです。
仕方なく、その人が昔書いた本(執筆はゴーストライター)や記事、
その当時の業界の関連本をたくさん読みました。
自分の知らない世界だったのですごく面白かったです。
ただ、何でワタクシはこんなことをしているのだろうと疑問だらけ。
当時はシナリオの仕事が年に1本くらいで、まったくなかったですから。

ブログ記事なので、毎週ざっくり書いたものを芸能プロダクションへ提出。
プロダクションがブログにアップ。
その芸能人はまったく関知しておりません。
そんなことを何か月か……記憶にないのですが、
4か月くらい続いたのでしょうか。
ワタクシが提出を遅れても何も言われなかったし、
記事を提出しても、なかなかアップされなかったり。
たぶん正月を挟んだため、自然消滅したのかもしれません。

ギャラはちゃんと貰いました。
脚本料よりは安かったような気がしましたけど、
とりあえすありがたかったです。

 * * *

……で、実は少し前のワタクシのホンで、
その芸能人の方がちょい役で出演していたのでした~。


祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」


IMARIC20160805210023_TP_V_20180618001706d88.jpg

[ 2018/06/18 00:23 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)

とある芸能プロダクションから……

自分からフォローしたのか、フォローされたから返したのか、
某芸能事務所からDMが来ました。
どこかに所属しているのかと。
フリーと答えたら、会いたいから事務所に来てほしいと。
何の話か訊いたら、また連絡しますと。
昨日見たら、フォローを外されていました。

事務所にタレントとして所属しないかという誘いですね。
こちらはアカウント名にシナリオライターを入れているのに。
男でもおっさんでも素人でも誘いが来るのか?
老若男女、見た目や才能がなくても、誰でもいいんです。
映画に出るチャンスですと夢を持たせて、事務所に登録させる。
登録料、宣材撮影料、レッスン料を払わせる。
出演といっても、自社がかかわる自主映画のような作品に
エキストラで出るくらい。
もちろんノーギャラ。
美味しいビジネスです。

実をいうと、今回の芸能事務所、
向こうはまったく知らないと思いますが、
10年くらい前、ワタクシ、ちょっと関わり合いがありました。
某制作会社の作品にその事務所が
キャスティング協力(もしくは一部出資?)していました。
台本かエンドロールに会社の名前が載っていました。

ネット上では、あまりよろしくない評判が立っていますね~。


【早い者勝ち!】 .com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com


KZ1796049_TP_V.jpg

[ 2018/06/17 02:31 ] 脚本家日記 | TB(-) | CM(-)
↓公式サイト


Twitter
プロフィール

U太@脚本家

Author:U太@脚本家
2001年デビュー。名もなきシナリオライター高橋祐太です。劇場映画・Vシネマ・自主映画などの脚本を細々と執筆中です。
公式サイト ★メールフォーム ★執筆依頼 ★フェイスブック ★ツイッター

公式ブログ最新記事
訪問数
月別アーカイブ